生化学講座

九州保健福祉大学 薬学部薬学科 生化学講座

〒882-8508 宮崎県延岡市吉野町1714-1
TEL. 0982-23-5574

業績 2014年

学術論文

  1. Nobushi Y, Oikawa N, Okazaki Y, Tsutsumi S, Park YK, Kurokawa M, Yasukawa K. Inhibitory effects of Brazilian propolis on lipid accumulation in 3T3-L1 cells. J. Phar. Nutri. Sci., 4(1), 6-11, 2014.
  2. Nobushi Y, Oikawa N, Okazaki Y, Tsutsumi S, Park YK, Kurokawa M, Yasukawa K. Triterpenoids from resin of Schinus terebinththifolius and their anti-inflammatory effects. Shoyakugaku Zasshi, 68(2), 2014.
  3. Kai H, Obuchi M, Yoshida H, Watanabe W, Tsutsumi S, Park YK, Matsuno K, Yasukawa K, Kurokawa M. In vitro and in vivo anti-influenza virus activities of flavonoids and related compounds as components of Brazilian propolis (AF-08). J Funct Foods, 8 (1), 214-223, 2014
  4. Takeda S, Hidaka M, Yoshida H, Takeshita M, Kikuchi Y, Tsend-Ayush C, Bumbein D, Kawahara S, Muguruma M, Watanabe W, Kurokawa M. Anti-allergic activity of probiotics from Mongolian dairy products on type I allergy in mice and mode of anti-allergic action. J Funct Foods, 9 (1), 60-69 2014.
  5. Yoshida H, Watanabe H, Ishida A, Watanabe W, Narumi K, Atsumi T, Sugita C, Kurokawa M. Naringenin suppresses macrophage infiltration into adipose tissue in an early phase of high-fat diet-induced obesity. Biochem Biophys Res Commun. 2014;454:95-101.

学会発表

  1. 堀口 健,吉田裕樹,渡部英明,石田晶子,杉田千泰,浜村奈理加,佐藤 守,是枝秀彦,山本彩佳,渡辺 渡,黒川昌彦:高脂肪食誘発性の脂肪組織へのマクロファージ浸潤に対するナリンゲニンの影響.日本薬学会第134年会, 2014.3. 27-30, 熊本.
  2. 谷村拓哉、市河有由希、西薗香里、森田浩司、萩原彰紀、甲斐久博、吉田裕樹、渡辺 渡、黒川昌彦:単純ヘルペスウイルス1型感染に対するモリンガ葉水抽出画分の感染防御免疫賦活作用.日本薬学会第134年会, 2014.3. 27-30, 熊本.
  3. 市河有由希、谷村拓哉、西薗香里、森田浩司、渡辺 渡、吉田裕樹、日高宗明、堤 重敏、安川 憲、黒川昌彦:臭素化難燃物曝露によるRSウイルス感染病態の増悪化を改善するプロポリスの免疫学的作用.日本薬学会第134年会, 2014.3. 27-30, 熊本.
  4. 橋口誠子、吉田裕樹、徳田憲治、紺野克彦、明石 敏、広瀬明彦、黒川昌彦、渡辺 渡:多層型カーボンナノチューブの曝露によるRSウイルス感染免疫応答への影響.日本薬学会第134年会, 2014.3. 27-30, 熊本.
  5. 吉田裕樹,渥美聡孝,鳴海恵子,渡辺渡,渡部英明,石田晶子,佐野久弥,福永碧,森元智子,川畑英孝,杉田千泰,黒川昌彦:核内受容体PPARγ活性化能を有する食品成分と糖尿病治療薬ピオグリタゾンの相互作用.日本薬学会第134年会, 2014.3. 27-30, 熊本.
  6. 杉田千泰,山下 篤,松浦祐之介,岩切太幹志,奥山 希,松田俊太郎,松本智子,井上 修,原田亜弥,北沢剛久,服部有宏,嶋 緑倫,浅田祐士郎:血液凝固VIII因子の血中活性の増加は家兎静脈血栓形成を促進させる.日本薬学会第134年会, 2014.3. 27-30, 熊本.
  7. 日髙宗明,野村翔太郎,小田祐一郎,黒川昌彦,堤 重敏,安川 憲,鈴木彰人:ブラジル産プロポリス含有成分のⅠ型アレルギー抑制作用メカニズムの解明.日本薬学会第134年会, 2014.3. 27-30, 熊本.
  8. 野伏康仁,及川直毅,岡崎祐三,堤 重敏,黒川昌彦,PARK YOUNG KUN,安川 憲:Schinus terebinthifolia樹脂の抗炎症効果.日本薬学会第134年会, 2014.3. 27-30, 熊本.
  9. 杉田千泰:Elevated plasma factor VIII enhances venous thrombus formation in rabbits: Contribution of factor XI, von Willebrand factor and tissue factor、第36回日本血栓止血学会学術集会、2014.5.29-31, 大阪.
  10. 松崎竜也、竹田志郎、竹下正彦、菊地幸治、吉田裕樹、渡辺 渡、黒川昌彦:モンゴル乳製品由来乳酸菌の単純ヘルペスウイルス1型感染マウスへの効果.日本乳酸菌学会2014年度大会,2014.7.17-18,広島.
  11. 西薗香里,森田浩司,市河有由希,谷村拓哉,甲斐久博,吉田裕樹,渡辺 渡,堤 重敏,安川 憲,黒川昌彦:ブラジル産プロポリス(AF-08)に含まれるフラボノイド類の抗インフルエンザウイルス活性について.第31回和漢医薬学会学術大会,2014.8.30-31,千葉.
  12. Seiko Hashiguchi, Hiroki Yoshida, Toshi Akashi, Akihiko Hirose, Masahiko Kurokawa, Wataru Watanabe: Effects of titanium dioxide nanoparticles on the pneumonia in respiratory syncytial virus-infected mice. Eurotox Edinburgh 2014, 2014.9.7-10, Scotland, UK.
  13. 松崎竜也、竹田志郎、竹下正彦、吉田裕樹、渡辺 渡、黒川昌彦、C. Tsend-Ayush 、T. Oyunsuren 、菊地幸治:モンゴル乳製品由来乳酸菌Lactobacillus plantarum 06CC2株の単純ヘルペスウイルス1型感染マウスへの効果.平成26年度(2014年度)酪農科学シンポジウム,2014.9.12,東京.
  14. 浜村奈理加,吉田裕樹,堀口 健,佐藤 守,渡部英明,石田晶子,杉田千泰,渡辺 渡,黒川昌彦:肥満初期における脂肪組織へのマクロファージ浸潤に対するナリンゲニンの影響.第19回日本フードファクター学会,2014.11.8-9,鹿児島.
  15. 森田浩司,谷村拓哉,市河有由希,西薗香里,萩原彰紀,甲斐久博,吉田裕樹,渡辺 渡,黒川昌彦:単純ヘルペス1型感染症に対するモリンガ葉水抽出画分の感染防御免疫賦活作用について.第62回日本ウイルス学会学術集会,2014.11.10-12,神奈川.
  16. 米本敬司,橋口誠子,吉田裕樹,明石 敏,上田智之,紺野克彦,広瀬明彦,黒川昌彦,渡辺 渡:多層型カーボンナノチューブ曝露のRSウイルス肺炎への影響.第62回日本ウイルス学会学術集会,2014.11.10-12,神奈川.
  17. 上田智之,橋口誠子,吉田裕樹,明石 敏,米本敬司,紺野克彦,広瀬明彦,黒川昌彦,渡辺 渡:二酸化チタンナノ粒子曝露のRSウイルス肺炎への影響.第62回日本ウイルス学会学術集会,2014.11.10-12,神奈川.
  18. 吉田裕樹,渡辺 渡,鳴海恵子,渥美聡孝,杉田千泰,黒川昌彦:肥満関連疾患の予防法開発を目指した食品成分の機能性評価.第8回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム,2014.11.15-16,熊本.

総説・著書

  1. 杉田千泰:血液凝固VIII因子増加によって促進される静脈血栓形成における血液凝固XI因子、フォンウィルブランド因子、組織因子の関与、日本血栓止血学会誌、25巻、4号、523-532, (2014).
  2. 安川 憲, 岡﨑かよ, 堤 重敏, 黒川昌彦:ブラジル産プロポリスAF-08の放射線防御能と癌予防効果、Food Function、13巻,26-31,(2014).
  3. 黒川昌彦(共著):コンパス 分子生物学―創薬・テーラーメイド医療に向けてー,“第8章 遺伝子工学” ,編集 荒牧弘範、大戸茂弘,南江堂, p139-164, 2014, 10. 10.

招待講演・出張講義

  1. 吉田裕樹:生化学から見た病気 -肥満関連疾患の病態メカニズムと新規予防法開発ー,宮崎県立都城西高等学校 出前講座,2014.6.21,宮崎.